旅レポート

春国岱原生野鳥公園

道の駅 おだいとう

北海道では朝3時半くらいに鳥が鳴き出します。特にオホーツク海側の朝は早く3時半には空が明るくなります。この写真は4時ですが雲の合間から見える空は十分に明るいです。あと10分くらいで太陽が出てきます。

今日は、曇りです。昨日、たくさんいたアブはまったく見当たりません。

最初に立ち寄ったところは、根室市にある道の駅 スワン44ねむろです。ここ風蓮湖は春と秋に白鳥が観られる湖なのですが今の時期はただの湖です。

遠くに立ち枯れになった木が見えます。

ここの道の駅は、サービスエリアのようなゴミ箱が設置されています。ゴミ箱が少ない北海道では珍しいしありがたいです。時折、これから仕事に行くのだろうと思われる人が、このゴミ箱の前(大型バス用なのに)に車を駐めてゴミを捨てて立ち去っていきます。残念です。

今日は、根室市にある春国岱(しゅんくにたい)に行きます。まず、春国岱原生野鳥公園ネイチャーセンターに立ち寄りました。

ここでパンフレットをいただいてルートを確認しました。

春国岱です。最初に歩いていく木道は通行止めになっており

海側の迂回路を通るようになっていました。少し、霧雨のようなものが降っています。

このような迂回路を歩いていきます。

左の風蓮湖側にはアオサギがいました。

これが今回通行止めになっていた木道です。

キタキツネが歩いていました。

20分ほど行くと橋があります。この橋を渡って自然観察路を進みます。

晴れていれば、いい感じの写真が撮れたと思います。

今回は、天気も悪いし、このアカエゾマツエリアの手前で引き返すことにしました。今度は晴れている時に来たいと思います。

昨年、北海道で知り合った神戸の方に教えていただいた根室市の魚信(お魚屋さん)に行きました。

いろいろなお魚や花咲蟹が売っていました。ここは花咲町というだけあって、花咲蟹がやすかったです。ここでは、花咲蟹を買わず、つぶ貝やお刺身などを買いました。その後、根室市にある、お気に入りにお店、マルシェ・デ・キッチンで花咲蟹の殻をむいたものなどを買いました。花咲蟹は解凍ものや、チルドなどがあります。よく見て、生を茹で上げて殻をむいたものを買いました。

お昼は、回転寿司根室花まる 根室店でいただきました。

ホタテの上にホタテの卵がのったものや

たらばがにの外子

花咲蟹の鉄砲汁など北海道らしいものをいただきました。

今日は、みなと湯が定休日のためお風呂はなしです。そして、宿泊先の明治公園の第1駐車場で給水し、第2駐車場に着きました。

今日は、ここに泊まります。明日の朝は雨の予報です。

では、また明日です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。