プロフィール

内山正次(うちやませいじ)

本来であれば、定年まで仕事をしているはずでした。

ところがカミさんが体調を壊し自分が会社を数週間休まなければなりませんでした。しかも、2017年と2018年の2回も。

また体調を壊すかもしれません。でも、もう会社に迷惑はかけられません。しかし仕事はやりがいがあって続けたい。さんざん悩んだものの、進むべき道は一つしかないことはわかっていました。

自分が会社を辞めてカミさんと一緒にできることをやる。

それしかありませんでした。あとは、自分をいかに納得させるかだけでした。

2018年の秋、清水の舞台から飛び降りる気持ちで上司に退職の意思を伝えました。そうすれば、少しは諦めがつくかと思いました。ところが、まったく気持ちは変わりませんでした。それどころか、早期退職に向けてのカウントダウンは始まってしまいました。

自分はこれまで「会社(にいる人たち)のためになることをやる」ということを生きがいに生きてきました。でも、それはいずれできなくなります。早期退職までの1日1日がすごく大事に思えてきました。1分1秒が大事だということを改めて認識させられました。そうして、すごした2019年でした。

よくよく考えてみたら、退職を前倒しした分の3年間を仕事人生の一部として使うよりも、いつまであるのかわからない、もしかしたらすごく短いのかもしれない第二の人生、つまりカミさんのためと自分のやりたいことのために使った方が、よほど価値のあることなのかもしれないと思えるようになりました。

自分は、日本という国に生まれてよかったと心から思っているし、日本(日本人)のためになることができるのであれば何かやりたい。

そう思うようになりました。

そうして決めたのが、

カミさんと二人で日本中を回って、日本のために貢献された偉人の逸話を探すことと、隠れた名所を探すことでした。

それをまとめることに、残る人生をかけようと思いました。

そうしてできたものを見た若者たちが日本の良さを再認識してくれたらいいなと思いました。まとめ方はまだわかりません。とりあえずブログを立ち上げて発信することにしました。どこまでできるかわかりませんけれども、やれるところまでやってみようと思います。

そんなことを考えた男がこのブログを書いてます。