旅レポート

道の駅 あいおい

道の駅 あいおいにあるクマヤキ号

道の駅 メルヘンの丘めまんべつのマジックアワーです。この写真を撮っているころから、何だか頭がいたいなと思っていたのですが、ズキズキしてきて体もだるくなってきました。これは、いよいよコロナにかかってしまったかと思ったのですが、熱もないし咳もでないし喉も痛くないし、なんだろうと思っていました。寝れば治るだろうと。

そんな状態なので、昨日買った中山商店の若鶏の半身揚げは美味しくいただくことが出来ませんでした。次回は、道の駅 ノンキーランドひがしもことに泊まって、揚げたてをいただこうと思いました。

朝起きると、体調はあまり良くなっていませんでした。そのため、とりあえず洗濯をし、美幌町にあるシティ びほろ店で食材を調達した後、どう進むかを検討しました。もう1日、道の駅 メルヘンの丘めまんべつに泊まってゆっくりしようかと思ったのですが、来た方向に戻るというのがどうしても気に入らず、かといって長い距離を走る元気もないし、

検討の結果、津別町にある道の駅 あいおいに行くことにしました。ここは昨年の旅で大変お世話になった神戸のKさんと出会った場所です。また出会えないかな(そんなわけないのだけれど)と思いながら行きました。当然のことながらいらっしゃいませんでした(笑)

ここは、前回クマヤキを買っている人がたくさんいて、自分たちも買えばよかったと思ったところです。クマヤキは道産小麦と卵・バターを使った生地に、水の代わりにこのお店の豆腐からできる豆乳を使って、ふわっとしたまろやかな食感を実現したものです。カミさんが食べたところとても美味しいらしいです。自分は今晩いただきます。

ここ道の駅 あいおいには、相生鉄道公園があります。

きれいに清掃されていました。

昨年、コロナで営業していなかった駅舎を使ったお店も営業していました。やはり、活気があっていいです。

体調が良くない原因を考えていて思い当たる節が2つありました。一つは微量の硫黄ガスを吸い続けたからかもしれません。子供の頃に同じような経験をしたことを思い出しました。もう一つは、硫黄の温泉に入ったことによる湯あたりです。2日後に体調を壊すことがあるらしいです。

明日には回復していることを願って、また明日です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。