旅レポート

山高神代桜

今日から、四国の内陸部を観て回る予定だったのですが、出発するのが遅くなり四国をゆっくり観て回るには十分な日程がないので辞めにして、ぶらり旅をすることにしました。

いつものようにすき家で朝食を済ませ朝霧高原経由で山梨県に向かいました。途中、山梨県甲斐市にあるラザウォーク甲斐双葉に立ち寄りました。

駐車場の脇にお舟石古墳と呼ばれる史跡がありました。観ていると整備をされている方が来られて10分ほど説明をしてくださいました。

その後、ラザウォーク甲斐双葉内にある暖家で麦わら1,188円をいただきアピタで食材を調達し出発しました。先ほどの古墳のところで聞いた武田八幡宮に行ってみようと思っていたのですが明日の天気があまり良くないのでパスし今日のうちに山梨県北杜市にある山高神代桜を観に行くことにしました。

駐車場は臨時の駐車場が設けられていて400円でした。かなりの人出でした。

これは、神代桜の宇宙桜で、平成20年(2008年)の11月にスペースシャトルで宇宙に打ち上げられ約8ヶ月間、無重力の中で過ごした種子が育った桜です。通常桜の花びらは5枚なのですが、一部に6枚のものがあるようです。

そして、これが山高神代桜です。樹齢2000年になる日本最古の桜で、国指定の天然記念物第1号に指定されています。また、日本武尊が植えたと言う言い伝えが残っています。

中央にある桜がそれですが、岐阜県本巣市にある根尾谷淡墨桜ほどの大きさはありませんでした。

根尾谷淡墨桜写真は、岐阜県本巣市の根尾谷・淡墨公園にある根尾谷淡墨桜 2021年4月1日に訪問した岐阜県本巣市にある根尾谷淡墨桜(ねおだにうすずみ...

この神代桜は、北杜市にある大津山 実相寺の境内にあります。

今日のお風呂は、北杜市にあるむかわの湯830円(JAF割引で630円)に行きました。

温泉諸元 泉質:ナトリウムー塩化物・炭酸水素塩泉(低張性 弱アルカリ性 温泉)、pH7.9、内湯4(17㎡、3.5m x 2.5m 寝湯3基付き、2m x 3m檜湯、4m x 2m打たせ湯 中止中)、外湯1(20㎡)、サウナ2(スチーム、ドライ)、水風呂1(冷鉱泉掛け流し)、洗い場15ヶ所

約1ヶ月ぶりの温泉になります。

そして、今日は北杜市にある道の駅 南きよさとに泊まります。

では、また明日。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。