旅レポート

酸ヶ湯温泉

酸ヶ湯温泉

道の駅 しちのへの朝です。大雨になったり小降りになったりと言った天気でした。

ところで、ここの24時間トイレがきれいと言いましたが、写真を撮ってきました。入り口を入ると、ここで宿泊しないようにと書いてあります。確かに宿泊に利用したくなる気もわかる気がします。

人が居たので撮れなかったのですが、右側にはテーブルが並べてあってくつろげるようになっています。24時間使えます。

そして、今日は、青森市にある酸ヶ湯温泉(すかゆ)1,000円(レンタル バスタオルと持ち帰り可のフェイスタオル付き)に行きました。有名な温泉ですね。

ここには、男女別の玉の湯と混浴のヒバ千人風呂があります。もちろん千人風呂に入ります。カミさんは玉の湯に行きました。

ここの奥に男性用玉の湯があります。

そして、こちらがヒバ千人風呂で男性が左、女性が右と脱衣所が別れているのですが、中は混浴です。

脱衣所を出たところに、水が飲めるところがありました。ちょっとわかりにくいところにありました。

中のレイアウトはこのような感じです。

所感:お湯は酸性のお湯で、洗い場はありません。内部が混浴になっています。打たせ湯は頭にビニール袋をかぶって使用するようですが、目が見えないために、そのまま打たれました。というか酸性のお湯で頭を洗ってしまいました(笑) 男女別の玉の湯もあり、そこにも入ってくればよかったと後になって思いました。
温泉諸元
<熱の湯>泉質:酸性・含鉄・硫黄ーアルミニウムー硫酸塩塩化物温泉(低張性 酸性 高温泉)、加水 不明、加温 不明、濾過循環 不明、消毒 不明、pH1.7、メタけい酸 227.1mg、炭酸水素イオン -mg
<四分六分の湯>泉質:酸性・含鉄・硫黄ーアルミニウムー硫酸塩塩化物温泉(低張性 酸性 高温泉)、加水 不明、加温 不明、濾過循環 不明、消毒 不明、pH1.5、メタけい酸 522.0mg、炭酸水素イオン <0.1mg
<鹿の湯、冷の湯>泉質:酸性・含鉄・硫黄ーアルミニウムー硫酸塩塩化物温泉(低張性 酸性 高温泉)、加水 不明、加温 不明、濾過循環 不明、消毒 不明、pH1.5、メタけい酸 370.0mg、炭酸水素イオン <0.1mg
内湯3(熱の湯 3m x 4m、四分六分の湯100㎡、湯滝 打たせ湯3)

青森県十和田市にある奥入瀬渓流です。

いや、今日は奥入瀬濁流と言ったほうがいいかもしれません。これでも散策をしている方がたくさんいらっしゃいました。昨年も来ていたので、通常の状態がどういう感じなのかは知っています。

お昼は、十和田市にある食堂 十和田家でいただきました。

かつ丼700円です。少し甘めの味付けですが普通に美味しかったです。ここは料理ができるまでの時間が少しかかるようです。(今日だけなのかもしれません)最後に来た人は、提供に時間がかかるからと言う理由で断られていました。

十和田湖です。すごい景色です。一応撮りました。

道の駅 おおゆに泊まる予定だったのですが、道の駅について、車の両脇を見ると落ち葉の欠片のようなものがたくさんついていて、とてもこのままにしておけない状態であることがわかりました。

そのため、洗車できるところを探しながら次の道の駅に移動することにしました。途中のガソリンスタンドで尋ねるとコイン式のスプレーガンがあり、それで落とすことが出来ました。その後、路面が濡れているので、すぐに汚れてしまいましたが、それでもかなりきれいになりました。

道の駅 かづのに着きました。小さな道の駅と思っていたのですが、大きかったです。正面です。

横にトイレがあります。

第2駐車場です。

下の方に第1駐車場があります。

いろいろな施設からなる大きい道の駅でした。

奥にあるのは祭り展示館500円です。山車が並んでいるようですが観ませんでした。

今日は、ここに泊まります。

では、また明日です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。