旅レポート

清里宇宙展望台、来運の水、オシンコシンの滝、知床峠、知床羅臼ビジターセンター

清里町にあるいっぽんの道

道の駅 パパスランドさっつるの朝です。晴れました。朝起きると、臭かった匂いも風向きが変わったのか、鼻が慣れたのか、わかりませんがしなくなっていました。

ここにはドッグランがあると昨日書きましたけれども、

犬を洗う設備も着いていました。よく読むと、シャンプー、トリミング、ブラッシングは禁止となっていましたので、おそらく足を洗うためのシャワーなのでしょう。犬と一緒に旅をしている人にとってはありがたい道の駅だと思います。

今日、最初に訪れたのは清里町にある清里宇宙展望台です。

晴れていましたので、360°の景色を見ることが出来ました。しかし、遠くが霞んでいたため今ひとつ感動がありませんでした。

遠くに山が見えそうですが霞んでいます。

清里町にあるいっぽんの道です。北海道には、同じようなところが他にもいくつかあります。ここは、「海まで続くように見える道」と言われているところなのですが、肝心の海が霞んで見えません(笑)

いっぽんの道の撮影を終えて車に乗り込むと、助手が満面の笑みを浮かべて自分の方を見ているではありませんか。「どうした」と聞くと、この写真を見せて、「これ撮った?」と。確かに北海道らしいと言えば北海道らしい写真です。

隊長としては、一応撮っておきました(笑)

斜里町にある来運公園です。

ここには、来運神社があるのですが、

来運の水という名水があります。

確かに、ここの池は透き通っています。

その端に水汲み場があります。

かなりの水量で5箇所の給水箇所がありました。

本来であれば、来運神社にお参りして感謝して給水すべきなのですが、林の中にあるようなので、今回は勘弁していただきました。

斜里町にあるコインランドリーシドニー斜里店で洗濯物をセットして

斜里町にある道の駅 しゃりに行きました。昨年、ここで大粒のホタテの貝柱を買いました。非常に良かったので、今年は大量に買って親戚などに送ろうと思っていたのです。なんと、普通の大きさになっていました。これで、今のところ北海道でホタテを買うのであれば、佐呂間町の北勝水産の直売店が一番ということになりました。そこで買って送ればよかったと思っています。

斜里町にあるビッグマートみたにで食材を調達し、

コインランドリーに戻りました。終わったと思ったものの、H07表示が出て乾いていませんでした。管理者の方を呼んで対応していただきましたが、お詫びの一言もありませんでした。40分くらいロスしました。普通であれば怒るところではありますが、これは神様が意図があってなされていることに違いないと思って水に流しました。

この機種のH07表示は、フィルタの清掃が不十分、もしくはダクトが詰まっているなどの理由によりバーナーが加熱し過ぎた場合に出るようです。兄ちゃん、いや、管理者の方は、「たまーに出る」と言ってましたので、ちょっと、いい加減なのかな〜くらいは思っております。怒ってはいません。

お昼になりましたので、ここ斜里町でいただくことにし、すぐ近くの喫茶 年輪(しれとこくらぶ)に行きました。写真左の建物が食事をするところです。宿泊施設にもなっていて日帰り温泉(3時から)もありました。

中は、いろんな席が設けられた洒落た造りになっていました。

ハンバーグランチ1,000円です。ひき肉がポロポロした感じで、良いお味でした。コインランドリーのトラブルがなければ、ここには来ていなかったので、神様が今日はここで食べさせてあげようと思われたに違いないと思いました。「人間万事塞翁が馬」的思考であります。

斜里町にある知床オシンコシンの滝は、昨年見たばかりなので見るつもりはなかったのですが、昨年より水量がかなり多い感じがしたので駐まって観に行きました。

滝を見ているうちに、水量が多いと思ったのは思い違いで、いつもこれくらいの水量なのだろうと言う結論になりました。

昨年、霧の中で何も見えなかった知床峠です。

羅臼岳がきれいに見えます。

こんなに素晴らしい景色の場所だったと知りました。(実は、ずっと前に観ているのですがすっかり忘れていました)

羅臼町 知床羅臼ビジターセンター(無料)です。

中はこのような感じです。知床の四季についてのビデオも上映してくれるようです。25分でしたので、今回は観るのをやめました。

ここから5分のところに羅臼間欠泉があるので、場所を聞いて観に行きました。

ありました。しかし、50分から70分間隔で15秒ほど噴出すると書いてありました。とても、そんなに待てません。諦めました。

今日のお風呂は、羅臼町にある陶灯りの宿らうす第一ホテル(600円)です。

所感:浴槽によって泉質が違う感じがしたので成分表を再度見たところ、5種類の成分表が束になってかかっていました。下記は1号井の成分になります。外湯は広くて良いのですが、すぐ隣にある宿泊施設と思われるところから丸見えのようです。誰かがカーテンを閉めるのが見えました(笑)

温泉諸元 泉質:含硫黄ーナトリウムー塩化物温泉(低張性 アルカリ性 高温泉)、加水 不明、加温 不明、濾過循環 不明、消毒 不明、pH8.4、メタけい酸 281.5mg、炭酸水素イオン 252.9mg、内湯27 x 2)、外湯140㎡)、洗い場11ヶ所

羅臼町にある道の駅 知床・らうすに着きました。ここは、駐める場所をよく考えて駐めなければ、かなりの確率でうみねこの糞攻撃にあいます。

ここの駐車場に車を駐めると眼の前に自分と同じ地域のナンバーが駐まっていました。北海道を一周したいと言うことでしたが、よく聞くと日本一周の最中とのことでした。

なるな〜、青年。がんばれ!

では、また明日です。

あっ、今、車の上から「ぼとっ」と音が聞こえました。うみねこに、やられたかもしれません。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。