旅レポート

弁天島、草香八幡神社、伊勢久留麻神社

40日目:兵庫県南あわじ市〜兵庫県淡路市
走行距離:88.2Km

今日は、淡路島の西側の海沿いを観ながら北上しました。

道の駅 福良の朝です。

昨日の雨もあがりました。

まず、南あわじ市にある弁天島です。

大鳴門橋が見えます。

ここの弁天島に行きたかったのですが、有料もさることながら橋の途中が閉まっていました。

夏は、ここに車がたくさん並ぶのかもしれません。

ここには海の展望広場があり、遠くに風力発電の設備がたくさん見えます。

淡路島の西側の道はどうなっているのだろうと思って走ってみました。途中、狭い道がありますが苦労するほどではありません。

しかし、海のすぐ近くを走るところがあり、今日は風が強かったこともあり波飛沫が道路までかかっていました。また、道路脇にゴミが散乱しているところが多数ありました。明らかに投げ捨てていったものと思います。

そして洲本市にある長林寺に行きました。

このような看板が入り口にありました。境内も撮影禁止なのかと思いましたけれど建物の中だけのようです。

撮影ポイントが設けられていました。

ここはネットの口コミを見ると評判が悪かったのですが気にしないで、拝見させてもらおうとお願いをしました。「祈祷じゃないんだったら、表から見てくれ」と言われて断られました。ちなみに拝観は200円、祈祷は300円のようなことが書いてありましたが…。

淡路市の智禅寺です。先ほどのお寺の件で七福神のお寺に嫌な印象がついてしまったので、このお寺も拝観はやめてお参りだけにしました。

この智禅寺の隣が草香八幡神社(くさかはちまん)です。

本殿は少しだけ見ることが出来ました。

淡路市のあわ津名市場 My Marcheとイオン淡路店で食材を調達し、本日のお昼を淡路市のいづも庵 淡路でいただきました。

牛すじうどん950円です。メニューの写真とはちょっと違う感じのものが出てきました(笑)

洗車場で雪の中を走った汚れと先ほどの海の潮を落とした後、淡路市にある伊勢久留麻神社に行きました。御祭神は大日孁貴尊(オオヒルメムチノミコト)(=天照大御神)です。

今日のお風呂は、淡路市にある東浦花の湯730円です。

温泉諸元 泉質:単純温泉(低張性 弱アルカリ性 低温泉)、pH7.73、内湯1(20㎡ ジャグジー1基付き、ジェットバス寝湯2基)、外湯2(4㎡、6㎡)、サウナ1、水風呂1、洗い場15ヶ所

その後、淡路市のコインランドリー新洗蔵で洗濯をして、今日の宿泊先である淡路市の淡路SA (上り)に行きました。高いところにあるので橋などがよく見えるのではないかと思ったからです。

ここの展望台「橋のみえる丘」から見える明石海峡大橋と神戸の街並みです。

明日は淡路島ともお別れです。

では、また明日。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。