旅レポート

釧路市立博物館、鳥取神社

釧路市立博物館の螺旋階段

道の駅 厚岸グルメパークの朝です。霧雨が降っています。

今日は、釧路市にある釧路市立博物館480円を訪問しました。ここの建物は建築家 毛綱 毅曠(もづな きこう)氏の設計によるものです。

展示物もさることながら建物や展示の仕方の美しさに魅了されました。

中央の螺旋階段を下から見上げたところです。

背景は、背景画家の第一人者である島倉二千六(ふちむ)氏によるものです。島倉二千六氏は、モスラ、キングコング対ゴジラ、ウルトラマンなど多くの背景画を描いてきた方です。

本物の空みたいです。

ここの博物館はじっくり観れば1日かかりそうなところでした。

庭には北海道で産出するいろいろな自然石を紹介したロックガーデンがあります。

たくさんあったのですが、少しだけ載せておきます。なんと、これが蛇紋岩なのだそうです。安山岩や玄武岩と見分けが付きません(笑)

十勝石(黒曜石)です。

この辺りは湿度が高いからか、草に着く水滴が独特の着き方をしていて非常に美しかったです。

今日のお昼は、釧路市にある回転寿司 まつりや 新橋店に行きました。「また寿司かい」と言われそうですが、本当は和商市場の勝手丼を食べる予定だったのです。しかし、よく考えてみたら回転寿司のほうがコスパが断然いいということに気づきました。面白さだけで言えば勝手丼ですが昨年行ったので合理的に判断をしました。

これは、ホッケです。北海道でしか食べることが出来ないような気がします。

釧路市にある鳥取神社です。ここは明治17、18年に鳥取県士族105戸、513名が移住し鳥取村を創始した地です。

移住者の総意のもと、明治24年に出雲大社より御祭神「大国主大神」の御分霊を拝請し鳥取神社を創祀しました。

この神社にある鳥取百年間(無料)です。

3階建ての宝物館になります。

その後、釧路市 フクハラ 昭和店で食材を調達し、今日の宿泊地とできるのかどうかを確認するために、釧路市の昭和中央公園駐車場を観に行きました。他にもキャンピングカーが駐まっていたので安心して泊まれると判断をしました。ちなみにトイレの大は1つで和式でした。紙がありませんでした(笑)ただし、多目的トイレがあります。また、隣には22:00までやっているイオンモールがあります。

歩いて、5分のところに天然温泉 大喜湯昭和店450円があります。今日のお風呂は、ここです。

所感:ナトリウムイオン、塩素イオン濃度は海水の約半分という高濃度の高張性温泉でした。そのため、長い時間浸かるのではなく短時間で温まって出てきました。しかし、出た後も温まった体はなかなか冷えませんでした。
温泉諸元 泉質:ナトリウム・カルシウムー塩化物泉(高張性 アルカリ性 低温泉)、加水 なし、加温 あり、濾過循環 あり、消毒 あり、pH8.9、メタけい酸 30.7mg、炭酸水素イオン 3.0mg、ナトリウムイオン4,244mg、塩化物イオン9,888mg、内湯24m x 6m3m x 4m 薬湯)、外湯13m x 5m)、サウナ1、水風呂1、洗い場35ヶ所

ここの公園の駐車場に戻った後も、続々とキャンピングカーが入ってきました。ここは、いいかもしれません。

では、また明日です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。