旅レポート

白川郷

ここの道の駅 古今伝授の里やまとは、非常に静かで虫の声しか聞こえませんでした。お店もたくさんあるし温泉も付いているしトイレも綺麗だし、また利用したいと思いました。

昨晩1時間くらいかけて明日どこに行くかを検討した結果、名古屋方面に行くことに決めした。ところが朝、天気を見たら白川郷の天気が良さそうなので、立てた計画はすべて無しにして白川郷へ向かうことにしました。一体昨晩の苦労はなんだったのだろうかと思うものの行きたいところに行くのも旅の面白いところなので良しとしました。

途中、道の駅飛騨白山に寄りました。

ここは隣が日帰り温泉施設のようです。いつか来てもいいかなと思います。

白川郷に付きました。ここは町営の駐車場(1000円/1日)しかありません。ここに駐めて吊り橋を渡って建物を合掌造りを見に行きました。

晴れていると思って来たのに、ここに着いて間も無く雨が降ってきました。想定していなかった人たちが慌てて傘を買い求めいましたけれども、雨はすぐに止みました。傘を買った人たちが可哀想な気がします。

茅葺き屋根のお寺もありました。

ここにある合掌造りは明治時代に作られたものだそうです。

展望台からみる有名な光景です。

コスモスが咲いていたので一緒に撮ってみました。ここには2時間近くいました。その後、富山の方へ向かいました。

途中、道の駅 白川郷に立ち寄り、ここのお食事処 水屋(みんじゃ)で飛騨牛どんぶり1,300円を頂きました。吉野家の牛丼のようなお肉が出てくるのを想像していたものの、牛丼にしては肉厚の飛騨牛を盛った丼が出てきました。なかなか美味しい牛丼でした。ここ道の駅 白川郷はWiMAXも10(全12レベル中)としっかり入ることを確認しました。

続いて、目的地の道の駅 井波(富山県南砺市)に行きました。

ここ道の駅 井波は、井波彫刻総合会館や彫刻の店などがあり彫刻に力を入れているようです。今日はここに泊まります。

と、思っていたのですが、夜間に使用するトイレが4m四方の建物に男性用と女性用があると言ったものでした。もしかしたら知らないところにトイレがあるのか、お店の入り口が夜になっても閉まらないでお店の中のトイレを使えるのか分かりませんが、ここはやめました。

そして道の駅 庄川(富山県砺波市)に来ました。近くにヴァローレと言うスーパーがあります。道路の向かい側にコンビニもあります。ここにしました。ヴァローレで買い物をした後、ゆずの郷やまぶきと言う温泉(510円)に行きました。

内湯1(4m x 4m)実測41.4°C、外湯1(2m x 1.5m)実測41.8°C、泉質:探したのだけれど見つかりませんでした。助手の調査によるとナトリウムー塩化ナントカ・ナントカらしいです。

雲に隠れながら沈む夕陽を眺めながらひとり湯船に使っていると、なんとも言えない幸せ感があります。最高の人生を生きている感じがします。

そうそう、今日はこれを買ったのです。

旅の途中のスーパーで見たこともないものを探すのが好きです。これはサバの糀漬けです。お店のおばさんに確認し、焼いてもいいけど、このまま生で食べた方が美味しいとのことなので、今日はこれをつまみにお酒を頂きます。

では、今日はこの辺で。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です