コラム

思考停止

最近、残念に思っていることがあります。

それは、一言、「思考停止ワード」を使われるだけで、そこから先、思考が止まってしまう人が多いことです。そう、まるで催眠術にでもかかったのではないかと思ってしまいます。

「SDGs」、「ジェンダーフリー」、「コンプライアンス」、「デマ」など、その言葉を言われれば、それで終わり?

そんなものではないだろう。

先日、某大臣が、「新型コロナウイルス感染症のワクチンに関するデマが流布されるようになってきました。そもそもなぜ、ワクチンに関する正しくない情報が飛び交うのでしょうか」とワクチンを否定する情報は、あたかもすべてデマであるかのように言いました。

そうか、やはりデマなのか。そう思った人がたくさんいたことでしょう。

確かに、中には全く根拠のない情報もあるでしょう。しかし、重要な警鐘を鳴らしている情報もあると思います。

しかし、多くの人が、この「デマ」という言葉を含む情報に触れた時、考えることをやめてしまいます。特に権威のある人が、それはデマだと言った場合にその傾向は強いと思います。

デマ情報と言われているものでも、ちゃんと根拠があるんだよと言う例を挙げようと思ってこのブログを書き始めましたけれど、アホくさくなってやめました。

わからない人にはいくら言ってもわからないからです。自分で気付かない限り目は覚めないのです。

デマという言葉で思考停止する人たちは、権威のある人に「その情報がデマだと言うのはデマだ」と言われたらどうするのでしょうか。信じるのか信じないのか、それとも考えるのをやめてしまうのか。きっと何も考えてないから何も変わらないのかもしれません。

真実をデマだと言うデマもあるんじゃないか?

本当の悪は、善人の格好をしていて、そういう人がもっともらしいデマを言うのだと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です