旅レポート

層雲峡

写真は、上川町の層雲峡

道の駅 あさひかわの朝です。朝になると車がかなり増えていました。今日から三連休だからでしょうか。

今日は、旭川市で雨の日を過ごす予定でしたれども、曇と言うことであれば、移動した方がよいと考え検討しました。層雲峡の紅葉はまだ早いので、紅葉が見頃と思われる旭岳に行くのもよいかもしれないとも考えましたが、今日から三連休ということもあり、かなりの混雑が予想されます。

結論としては層雲峡方面に行き、人が多くて駐車場に駐められなかったら糠平湖を経由して然別湖の方へ行くのがよいと考えました。

道の駅の隣にあるコープさっぽろ 神楽店で2日分の食材を買い込み、そのまた隣のホーマックで昨日無くなってしまったウインドウ ウォッシャー液を買って、層雲峡に向かいました。途中、小雨だった雨は本降りになり、着いた時には雨でした。

お昼は層雲峡にあるラーメンハウス登山軒でいただくことにしました。

このような感じで明るいお店でした。

窓から外が見える席に座って、

特製旭川ラーメン1250円をいただきました。チャーシューの下に野菜がたっぷり入っています。おいしかったです。不足しがちになる野菜を補うことができてよかったです。

ご覧のように紅葉はまだまだです。

雨がやみません。

駐車場に戻ってきました。車が少なくがらんとしています。

雨が上がったのでお風呂です。

今日のお風呂は、上川町にある大雪山バーデハウス層雲峡 黒岳の湯 600円です。

ここは、思い出の温泉です。それは20年前に家族で北海道にキャンプに来た時のことです。その日カミさんからフェイスタオルとして渡されたタオルがバスタオルであることに気づいたのは脱衣所で服を脱いだ後でした。でも、まあ、少し大きいくらいだからいいかと軽く考えていました。ところが、どっこい。水を吸ったらめちゃくちゃ重くなって、恥ずかしいのなんのって、出来るだけ小さく見せようと畳んでみたりするものの大きいものは大きいのです。絞るにしても、歌舞伎役者か横綱かと言わんばかりの格好になってしまうしで、それは、それは大変でした。

その思い出が蘇るかと思っていたのですが、男湯と女湯のレイアウトが違っていて、それが入れ替え制になるようで、前回とは違う方の湯に当たったみたいです。カミさんが入った方が前回自分が入った方でした。

温泉諸元 泉質:単純温泉(低張性 弱アルカリ性 高温泉)、pH8.1、2階 内湯1(24㎡)、洗い場14ヶ所、3階 外湯1(20㎡)、サウナ1、水風呂1

温泉から出ると山の上に陽が当たっていました。

山の上の方は、少し赤くなっているようです。

では、今日はこの辺で。また、明日。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です