旅レポート

津別峠、美幌峠、屈斜路湖、摩周湖、硫黄山、神の子池

写真は、清里町の神の子池

今朝の道の駅 あいおいの朝です。

曇だと思っていたのですが、明るい曇でした。

最近、運動不足気味なので道の駅の裏手の相生鉄道公園あたりを散歩することにしました。

昨日来た時には気づかなかった除雪車がありました。

除雪車を間近で見ることはありませんので、いろいろ興味があってじっくり見てみました。失礼ながら、よく出来ていると思います。

自分の好きな機能美です。

なるほどと感心しながら見ているうちに散歩の時間がなくなって戻る羽目になり、結局散歩はできませんでした。

出発前に神戸から来られたキャブコンのご夫婦に声をかけたところ、非常に親切な方々で、いろいろ情報を教えていただきました。また、メロンまでご馳走になってしまいました。また会えるといいですねと言って別れました。そうすると会えるというジンクスがあります。

今日は、まず津別町にある津別峠展望施設に行きました。

屈斜路湖を一望することができます。

雄阿寒岳と雌阿寒岳です。

最初にここに来た時に近くの道に鹿がいたのでいるのではないかと思っていたのですが、やはりいました。ここは鹿の遭遇率が高いかもしれません。

続いて、美幌町の道の駅 ぐるっとパノラマ美幌峠に車を駐めて、美幌峠展望台に行きました。

このような展望台から屈斜路湖を見下ろすことができます。

美幌峠展望台から駐車場に帰る道です。以前は、ここの途中に剥製が並べてあって、写真を撮るとおじさんが100円を払うように行ってくるという商売をしていました。今はさすがにいませんでした。

続いて、弟子屈町にある和琴半島の公共駐車場に車を駐めて和琴半島を観に行きました。しかし、波が立っていて湖面が綺麗に見えませんでしたので途中で引き返してきました。

このように透明度が高そうです。

お昼は、北海道に来たら是非とも行きたいと思っていた思い出の場所、弟子屈町の摩周湖農業協同組合 大栄Aコープ店です。20年前にここで食べたナポリタンを食べたかったのです。

レストラン 牧場です。レイアウトが少し変わっていましたけれども、ここです。

ナポリタン650円です。前回は、熱々の鉄板に載って出てきたのですが、お皿になってました。ただし、味はたぶんこんな味だったのだろうと思います。美味しいです。カミさんは、塩ラーメンで熱々だったのですが、これまた熱々で出てきて喜んでました。

弟子屈町にある摩周湖駐車場 500円です。有料駐車場だとは思っていませんでした。せっかくお金を払ったのだから、いろいろ聞いて教えてもらいました。結局、十分元がとれる情報を教えていただきました。この写真は、摩周湖第一展望台から摩周湖を観た景色です。

摩周湖第三展望台駐車場(無料)に車を駐めて摩周湖第三展望台にも行きました。

ここは、まったく知らなかったし、行く予定もなかった弟子屈町の硫黄山(アトサヌプリ)です。先程の駐車場の500円で、ここにも駐められると言うことを知って訪問しました。

近くまで行くと湯気で熱いです。しかも硫黄臭が物凄いです。

湯の花満開と行ったところです。

ここのおじさんが、車が大きいので特別に、そこに駐めていいよと言ってくれたところはバス専用駐車場です。ありがとう、おじさん。

続いて、今回の北海道で助手がどうしても再訪問したいとこだわった清里町にある神の子池です。晴れていたらもっとよかったと思います。

朝会った神戸のご夫婦に教えていただいた裏摩周湖展望台です。

残念ながら靄がかかっていました。晴れていたきっと素晴らしい景色だったと思います。

その後、どっちに進むか迷った結果、今日は弟子屈町にある道の駅 摩周温泉にしました。道の駅が閉まる前に、朝教えていただいた地図200円を購入しました。閉まる前に買うことができて喜んで道の駅を出ようとした時に、なんと朝会った神戸の方にばったり会いました。

そして、またいろいろ教えていただきました。ここの道の駅の裏には水を汲むところがあると言うことでしたので、早速飲み水をいただきました。

そして、今日のお風呂は、道の駅から歩いて行ける弟子屈町のビラオの湯 400円です。このペンションのお風呂なのですが、入り口は別になっていました。

この裏口が入り口です。

温泉諸元 泉質:アルカリ性単純温泉(低張性 アルカリ性 高温泉)、pH9.3、内湯17㎡)、外湯14㎡)、洗い場4ヶ所

中くらいのとろとろ感がある温泉です。

道の駅に戻ってきました。WiMAXが入りません。しかしフリーWi-Fiが飛んでいます。

今日は、いろいろあった1日でした。神様に感謝します。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です