コラム

ゼロポイントフィールド

旅に出ていると、その日の天気で気分がまったく変わることに気づきます。

晴れの日はワクワクして始まる1日になります。曇の日は、なんとなく気分もどんよりとした感じでスッキリしません。ましてや雨の日は、まったく気分が乗りません。

空の状態によって、自分の心のありようが変わってしまうと言うことは、空と心は繋がっていると言うことだと思います。そして自然の中に自分がいて、自然の一部になっていると言うことに気づきます。

仕事をしていた時には感じられなかった自然との一体感を感じます。

この大自然に包まれているんだな〜

そう考えていたら、ふと、心と空が繋がっているとするならば、ポジティブな心は天気を晴れにするのではないだろうかという発想に至ってしまいました。
改めて考えてみると、不思議と旅に出ている間は天候に恵まれていました。雨になるとしても寝ている間に大雨が降って通り過ぎて行くことが多かったです。やっぱり意識が天候を左右するのでしょうか。

そんなバカなことがあるわけないかと思っていたところ、これまた偶然にこのタイミングで読んだ記事の中に量子力学の「超ひも理論」という仮説があって、その考え方に基づくと今自分がいる世界は「意識」も「大自然」も境目のないゼロポイントフィールドという世界にいるのだそうです。つまり「意識」と「大自然」だけでなく、いろいろなものが繋がっていて影響し合うというのです。無数にある自分とこの世界(パラレルワールド)の中から今自分が選んでいる世界にいるというのです。そう考えると自分が選択した世界に自分がいる、つまり晴れてほしいという願いがそういう世界(天候)を選択したというのも考えられなくもありません。

自分が旅して感じた「自然との一体感」 わかっていただけるだろうか

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です